リセット-スクリプト-Windows-更新-スクリプト

Windows Server 2022バージョン21H2(LTSC)用のKB5005575を更新します

9月 15, 2021 マイロソフニュース

Microsoftは、Windows Server 2022バージョン21H2(LTSC)用の更新プログラムKB5005575をリリースしました。新しいOSビルド20348.230をダウンロードしてインストールする方法。

新着情報?

累積的な更新KB5005575(ビルド20348.230)は、x64ベースのシステム用のWindows Server 2022、バージョン21H2(LTSC)用です。
このアップデートは、火曜日のパッチの一部として利用できます。

WindowsUpdate経由でのインストール

サーバーの累積的な更新プログラムKB5005575は、WindowsUpdateを介して自動的にインストールされます。確認するには、[設定]> [更新とセキュリティ]に移動し、[更新の確認]をクリックします。

インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。更新後、Windows Server2022バージョン21H2のビルド番号は20348.230に変更されます。

改善と修正KB5005575(ビルド20348.230)

この更新には、品質の更新が含まれます。新しいシステム機能は提示されていません。主な変更点のリスト:

WindowsがAppLockerEXEおよびDLLイベントチャネルで多くのAppLockerまたはSmartLocker成功イベントを生成する原因となっていた問題を解決します。

ShellHWDetectionサービスが特権アクセスワークステーション(PAW)デバイスで開始できず、BitLockerドライブ暗号化を管理できない問題を解決します。

PowerShellが無限の数の子ディレクトリを作成する問題に対処しました。この問題は、Move-ItemPowerShellコマンドを使用してディレクトリをその子ディレクトリの1つに移動したときに発生します。その結果、ボリュームがいっぱいになり、システムが応答を停止します。

以前の更新をインストールした場合、今回はロールアップパッケージの新しい変更のみが適用されます。

アップデートKB5005575をダウンロード

Microsoft Updateカタログから更新プログラムをダウンロードし、以下のリンクから手動でインストールすることもできます。

KB5005575 Windows Server 2022(21H2、LTSC)x64(162 MB)の更新[.MSU]