マイクロソフトは、2020年5月の更新プログラムのWindows 10リリース情報ページを公開しました

Windows Server 2022バージョン21H2(LTSC)用のKB5005104を更新します

8月 29, 2021 Windows 10 21H1 Iron ッデート 21H2

Microsoftは、Windows Server 2022バージョン21H2(LTSC)の更新KB5005104(パブリックプレビュー)をリリースしました。新しいOSビルド20348.202をダウンロードしてインストールする方法。

どこから始めますか?

累積的な更新KB5005104(ビルド20348.202)は、x64ベースのシステム用のWindows Server 2022、バージョン21H2(LTSC)用です。

WindowsUpdate経由でインストールする

サーバーの累積的な更新プログラムKB5005104は、WindowsUpdateを介して手動でインストールされます。確認するには、[オプション]> [更新とセキュリティ]に移動し、[更新の確認]をクリックします。

[利用可能なオプションの修正プログラム]セクションで、[ダウンロードしてインストール]をクリックします。

インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。更新後、Windows Server2022バージョン21H2のビルド番号は20348.202に変更されます。

CAB Service Packをインストールするには、組み込みのシステムDISMユーティリティを使用する必要があります。コマンドラインまたはPowerShell構文(Windowsターミナルを使用できます)は次のようになります(管理者として実行)。

dism / online / add-package / packagepath: “<path_to_cab_file>”

改善と修正KB5005104(ビルド20348.202)パブリックプレビュー

このセキュリティ以外のパブリックプレビューアップデートには、品質の改善が含まれています。主な変更点のリスト:

高負荷でWindowsリモート管理(WinRM)サービスが機能しなくなる可能性のあるスレッドの問題を解決します。

Windows Management Instrumentation(WMI)ホストプロバイダープロセスが機能しなくなる原因となる問題に対処します。これは、Desired State Configuration(DSC)の使用時に発生する未処理のアクセス違反が原因です。

サーバーマネージャーコマンドがエラーを返す原因となる問題を解決します。その結果、SDDC E2Eチェックの多くは、オプション機能のインストール中に失敗します。

Windows Server 2022でHyper-V機能を削除するために使用すると、サーバーマネージャーアプリケーションが表示されなくなる問題を解決します。

異なるボリュームに保存されているDFSパス間のファイル移行を妨げる問題を解決します。この問題は、Move-Itemコマンドを使用するPowerShellスクリプトを使用して移行を実行するときに発生します。

メモリ不足状態が発生した後、WMIリポジトリにデータを書き込めない問題を解決します。

jscript9.dllジャストインタイム(JIT)の動作に関する問題を解消します。

VBScriptでネストされたクラスを使用するときのメモリリークを排除します。

NT仮想DOSマシン(NTVDM)で実行されているときに、16ビットアプリケーションを開いたときに動作を停止する問題を解決します。

アウトオブボックスエクスペリエンス(OOBE)プロセス中にユーザー名フィールドに単語を入力できない問題に対処しました。この問題は、中国語の入力方式エディター(IME)を使用している場合に発生します。

Office 365アプリでテキストボックスをコピーして貼り付ける際の問題を修正します。IMEでは、テキストボックスにテキストを貼り付けることはできません。

マルチモニターの状況でタッチデバイスがシリアルマウスとして機能しない問題に対処しました。

IKEEXTサービスが断続的に動作を停止する可能性がある問題を解決します。

認証メカニズム保証(AMA)が機能しなくなる問題を解決します。この問題は、Windows Server 2016(または新しいバージョンのWindows)に移行する場合、およびAMAをWindows Hello forBusiness証明書と組み合わせて使用​​する場合に発生します。

クラスタノードのメモリ不足の原因となっているPKU2Uメモリリークを解決します。

WindowsがAppLockerEXEおよびDLLイベントチャネルで多くのAppLockerまたはSmartLocker成功イベントを生成する原因となっていた問題を解決します。

AppLockerを使用してマルチ署名ファイルを検証するときにWindowsが機能しなくなる問題に対処します。エラーは0x3Bです。

Windows VirtualDesktopマシンにログインした後にAzureActiveDirectory認証が失敗する原因となる問題を解決します。

Windows Defender Application Control(WDAC)ポリシーが、期限切れの証明書で署名されたファイルを署名されていないものとして処理できないようにするSet-RuleOptionPowerShellコマンドの問題を解決します。

コード整合性ポリシーでパッケージファミリ名ルールを指定すると、コード整合性ルールが正しく機能しない問題を修正しました。この問題は、大文字と小文字が区別される名前の不適切な処理が原因で発生します。

ShellHWDetectionサービスが特権アクセスワークステーション(PAW)デバイスで開始されず、BitLockerドライブ暗号化管理が妨げられる問題に対処しました。

.NETアプリケーションのカーネルモードルールがWindowsDefender ApplicationControlポリシーに含まれている問題に対処しました。その結果、作成されたポリシーは必要以上に大きくなることが判明しました。

一部のMicrosoftOfficeアプリケーションが特定のプロセッサを搭載したマシンで実行できないというWindowsDefenderエクスプロイト保護の問題に対処します。

リモートアプリケーションを閉じても、入力方式エディター(IME)ツールバーが表示される問題を解決します。

ファイルエクスプローラーで検索結果をフィルター処理すると、何も表示されない、または「フィルターの計算」が無期限に表示される問題に対処しました。

デバイスの電源を切るか再起動し、同じデバイス上に他のユーザーがいない場合に、他の誰かの保存されていない作業が失われるという警告が表示される問題に対処しました。

「システムの再起動時に特定の日数より古いユーザープロファイルを削除する」ポリシーを構成するときに発生する可能性がある問題が修正されました。ユーザーがポリシーで指定された時間より長くログオンしている場合、デバイスは起動時に予期せずプロファイルを削除する可能性があります。

MicrosoftOneDriveの「常にこのデバイスを維持する」同期設定の問題に対処しました。 Windows Updateをインストールした後、設定が予期せず既知のフォルダーにリセットされます。

インプレースアップグレード中に、AdministratorアカウントやGuestアカウントなどのローカルの組み込みアカウントが重複する可能性がある問題を解決します。この問題は、以前にこれらのアカウントの名前を変更した場合に発生します。その結果、MMCローカルユーザーとグループ(lusrmgr.msc)スナップインは、アップグレード後、アカウントがなく、空のように見えます。この更新により、影響を受けるマシンのローカルSecurity Account Manager(SAM)データベースから重複するアカウントが削除されます。システムが重複するアカウントを検出して削除すると、システムイベントログにDirectory-Services-SAMイベントID16986が記録されます。

ローカルセキュリティ機関(LSA)検索キャッシュのデフォルトのエントリ数を増やして、大量の検索シナリオでの検索パフォーマンスを向上させます。

「COMコンポーネントの呼び出しからHRESULTE_FAILが返されました」というエラーで転送検証が失敗する可能性がある問題に対処しました。この問題は、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、またはWindows Server2012をソースとして使用している場合に発生します。

オフラインファイルを有効にするときのデッドロックの問題を解決します。その結果、CscEnpDereferenceEntryInternalは親と子のロックを保持します。

以前の更新をインストールした場合、今回はロールアップパッケージの新しい変更のみが適用されます。

アップデートKB5005104をダウンロード

KB5005101アップデートをCABファイルとしてダウンロードし、以下のリンクから手動でインストールできます。

ダウンロードオプションを選択

KB5005104 Windows Server 2022(21H2、LTSC)x64(131 MB)の更新[.MSU]

Windows Server 2022(21H2、LTSC)x64(15 MB)用のSSU-20348.201を更新します[.MSU]