Windows 10のKB4559309更新によりパフォーマンスの問題が発生する

Windows 10バージョン21H2、21H1、および20H2のKB5011831プレビューを更新します

5月 4, 2022 Windows 10 20H1(2004)20H2 アッデト,Windows 10 21H1 Iron ッデート 21H2

Microsoftは、「オプションの修正」をリリースしました。Windows10バージョン21H2、21H1、および20H2用のKB5011831を更新します。新しいビルド19044.1682、19043.1682、および19042.1682をダウンロードしてインストールする方法。

更新日:2022年4月26日。アップデートKB5011831(ビルド19044.1682、19043.1682、および19042.1682)プレビューは、「オプションの修正」として、およびMicrosoftUpdateカタログから手動でダウンロードしてWindowsUpdateからインストールできます。

更新日:2022年4月14日。 Windows 10バージョン21H2用のアップデートKB5011831(ビルド19044.1679)は、リリースプレビューチャネルでWindowsInsiderから入手できます。

アップデートロールアップKB5011831(ビルド19043.1682)は、x86、x64(amd64)、ARM64プロセッサに基づくWindows 10バージョン21H1(2021年5月のアップデート)用です。

アップデートロールアップKB5011831(ビルド19042.1682)は、Windows 10バージョン20H2(2020年10月アップデート)x86、x64(amd64)、ARM64、およびx64およびARM64ベースのシステム用のWindows Server(20H2)用です。

改善と修正KB5011831(ビルド19044.1682、19043.1682、および19042.1682)プレビュー

主な変更点のリスト:

改善と修正

新しい!。 Windowsのセキュアブート機能を提供するための改善が追加されました。

Azure Active Directory(Azure AD)に登録するためのタイムアウトを、AzureADに参加したオートパイロットハイブリッドシナリオの60分から90分に変更しました。これにより、時間が経過したときに例外が発生する競合状態も解消されます。

再接続時にユーザー補助ショートカットハンドラー(sethc.exe)を待機しているときに、リモートデスクトップセッションが閉じたり応答を停止したりする問題を修正しました。

OSの起動が約40分遅れる問題を修正しました。

レジストリから実行ポリシー設定が誤って返される問題を修正しました。

入力方式エディター(IME)を使用してテキストをコピーして貼り付けると、InternetExplorerが機能しなくなる問題を修正しました。

ログインまたはログアウトすると、一部のユーザーの画面が黒くなる問題を修正しました。

Kerberos認証が「0xc0030009(RPC_NT_NULL_REF_POINTER)」エラーで失敗する問題を修正しました。これは、リモート資格情報ガードが有効になっているときに、クライアントマシンがリモートデスクトッププロトコル(RDP)を使用して別のマシンに接続しようとした場合に発生します。

Windowsデバイスにサインインするときに期限切れのパスワードを変更できない問題を修正しました。

再起動を必要としないWindowsDefenderApplication Control(WDAC)ポリシーを適用すると、Windowsが機能しなくなる可能性がある問題を修正しました。

セキュリティグループポリシーの一部がマシンにコピーされない可能性がある問題を修正しました。

ドメインコントローラーのシャットダウン中に、キー配布センター(KDC)コードが誤って「KDC_ERR_TGT_REVOKED」エラーメッセージを返す問題を修正しました。

リモートデスクトップを介したGPU負荷分散が期待どおりに機能しない問題を修正しました。

Microsoft Foundation Class(MFC)ダイアログ内でのMicrosoft RDPClientControlバージョン11以降のインスタンス化を妨げる問題を修正しました。

名前を変更してEnterキーを押すと、MicrosoftOneDriveファイルのフォーカスが失われる可能性がある問題を修正しました。

クリック、タップ、またはスワイプしなかったときにニュースとインタレストパネルが表示される問題を修正しました。

韓国のIMEを使用しているときに、ShiftKeyUpイベントがアプリに伝播されない問題を修正しました。

Netdom.exeまたはActiveDirectoryドメインと信頼関係スナップインを使用して名前の接尾辞のルーティングを一覧表示または変更するときに発生する可能性がある問題を修正しました。これらの手順は失敗する可能性があります。エラーメッセージは次のとおりです。「要求されたサービスを完了するにはシステムリソースが不足しています。」この問題は、2022年1月のセキュリティ更新プログラムをプライマリドメインコントローラー(PDCe)エミュレーターにインストールした後に発生します。

フォント軽減ポリシーを有効にすると、誤ったIMEモードインジケーターが表示される問題を修正しました。

ルートドメインのプライマリドメインコントローラー(PDC)がsyslogで警告イベントとエラーイベントを生成する問題を修正しました。この問題は、PDCがアウトバウンドのみの信頼を誤ってスキャンしようとした場合に発生します。

サーバーメッセージブロック(SMB)マルチリンク接続に影響し、エラー13AまたはC2を生成する可能性がある問題に対処します。

ネットワークドライブをサーバーメッセージブロックバージョン1(SMBv1)リソースにマッピングするときに発生した問題を修正しました。 OSを再起動すると、このネットワークドライブにアクセスできなくなります。

分散ネットワーク名リソースで仮想コンピューターオブジェクト(VCO)のパスワード設定が失敗する原因となる問題に対処します。

クライアント側のキャッシュ(CSC)クリーンアップメソッドが生成されたリソースを削除しない場合にプールが破損する問題を修正しました。

リストされていないプールが大きくなり、すべてのメモリを使い果たすと、サーバーがロックする可能性がある問題を修正しました。再起動後、破損を修正しようとすると、同じ問題が再び発生します。

多くのスレッドが同じファイルをめぐって競合している1秒あたりの入出力操作数が多い(IOPS)シナリオでのリソース競合のオーバーヘッドが削減されます。

既知の問題点

オフラインメディアまたはカスタムISOを使用してインストールされたシステムでは、この更新プログラムをインストールすると、Microsoft Edge Legacyが削除される場合がありますが、Chromium上の新しいMicrosoftEdgeに自動的に置き換えられることはありません。この問題は、2021年3月29日のサービススタックアップデート(SSU)またはそれ以降のサービススタックアップデートを最初にインストールせずに、このアップデートをイメージに含めることによってカスタムオフラインメディアまたはISOイメージが作成された場合にのみ発生します。

2021年6月6日(KB5004945)および2021年6月21日(KB5003690)の更新をインストールした後、一部のデバイスは「PSFX_E_MATCHING_BINARY_MISSING」エラーで新しい更新をインストールする機能を失いました。

更新プログラムをインストールした後、リモートデスクトップを使用して信頼できないドメイン内のデバイスに接続すると、接続でスマートカード認証が失敗し、次のエラーが発生する場合があります。「資格情報が機能しません。 [デバイス名]への接続に使用された資格情報が一致しませんでした。新しい資格情報を入力してください」と「ログイン試行に失敗しました」。

2022年1月11日以降のバージョンのWindowsでリリースされたWindowsUpdateをインストールした後、バックアップと復元のコントロールパネルアプリ(Windows 7)を使用して作成されたリカバリディスク(CDまたはDVD)は、影響を受けるバージョンのWindowsで起動しない場合があります。サードパーティのバックアップまたは復元アプリケーションは、この問題の影響を受けません。

Sketch on Screen Snipは、スクリーンショットを撮ったり、キーボードショートカット(Win + Shift + S)で開いたりしない場合があります。この問題は、KB5010342(2022年2月8日付け)以降の更新をインストールした後に発生します。

以前のアップデートをインストールした場合、今回はロールアップパッケージの新しい変更のみが適用されます。

WindowsUpdateによるインストール

インサイダービルド

PC用の累積的な更新プログラムKB5011831は、リリースプレビューチャネルのWindowsInsider用のWindowsUpdateから入手できます。インストールするには、[設定]> [更新とセキュリティ]に移動し、[更新の確認]をクリックします。

インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。更新後、Windows10バージョン21H2の場合はWindows10ビルド番号が19044.1682に変更されます。

安定したバージョン

PC用の累積的な更新プログラム5011831は、WindowsUpdateを介して手動でインストールされます。確認するには、[設定]> [更新とセキュリティ]に移動し、[更新の確認]をクリックします。

[利用可能なオプションの修正]で、[ダウンロードしてインストール]をクリックします。

インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。アップグレード後、Windows 10のビルド番号は、Windows 10バージョン21H2の場合は19044.1682、Windows 10バージョン21H1の場合は19043.1682、Windows10バージョン20H2の場合は19042.1682に変更されます。

助言。 Windows 10のバージョンとビルド番号をすばやく確認するには、検索ボックスにwinverと入力し、Enterキーを押すと、現在のOSバージョンに関する情報を示すダイアログボックスが表示されます。

アップデートKB5011831をダウンロード

アップデートKB5011831(.1682)をMSUファイルとしてMicrosoft Updateカタログからダウンロードし、以下のリンクから手動でインストールできます。

インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。アップグレード後、Windows 10のビルド番号は、Windows 10バージョン21H2の場合は19044.1682、Windows 10バージョン21H1の場合は19043.1682、Windows10バージョン20H2の場合は19042.1682に変更されます。


Links to download official updates are below:

x64 アップデートをダウンロード
x86 アップデートをダウンロード
ARM64 アップデートをダウンロード
Windows Server x64 アップデートをダウンロードする
Windows Server ARM64 アップデートをダウンロードする