マイクロソフトは5月にオプションのWindows 10アップデートを一時停止します

Windows 10バージョン21H2、21H1、および20H2のKB5010415プレビューを更新します

2月 16, 2022 Windows 10 20H1(2004)20H2 アッデト,Windows 10 21H1 Iron ッデート 21H2

Microsoftは、「オプションの修正」をリリースしました。Windows10バージョン21H2、21H1、および20H2用のKB5010415を更新します。新しいビルド19044.1566、19043.1566、および19042.1566をダウンロードしてインストールする方法。

更新日:2022年2月15日。アップデートKB5010415(ビルド19044.1566、19043.1566、および19042.1566)プレビューは、「オプションの修正」として、およびMicrosoftUpdateカタログから手動でダウンロードしてWindowsUpdateからインストールできます。

更新日:2022年2月11日。 Windows 10バージョン21H2用のアップデートKB5010415(ビルド19044.1561)は、リリースプレビューチャネルでWindowsInsiderから入手できます。

アップデートロールアップKB5010415(ビルド19043.1566)は、x86、x64(amd64)、ARM64プロセッサに基づくWindows 10バージョン21H1(2021年5月のアップデート)用です。

アップデートロールアップKB5010415(ビルド19042.1566)は、Windows 10バージョン20H2(2020年10月アップデート)x86、x64(amd64)、ARM64、およびx64およびARM64ベースのシステム用のWindows Server(20H2)用です。

WindowsUpdateによるインストール

インサイダービルド

PC用の累積的な更新プログラムKB5010415は、リリースプレビューチャネルのWindowsInsider用のWindowsUpdateから入手できます。インストールするには、[設定]> [更新とセキュリティ]に移動し、[更新の確認]をクリックします。

インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。更新後、Windows10バージョン21H2のWindows10ビルド番号は19044.1566に変更されます。

安定したバージョン

PC用の累積的な更新プログラム5010415は、WindowsUpdateを介して手動でインストールされます。確認するには、[設定]> [更新とセキュリティ]に移動し、[更新の確認]をクリックします。

[利用可能なオプションの修正]で、[ダウンロードしてインストール]をクリックします。

インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。更新後、Windows 10のビルド番号は、Windows 10バージョン21H2の場合は19044.1566、Windows 10バージョン21H1の場合は19043.1566、Windows10バージョン20H2の場合は19042.1566に変更されます。

アドバイス。 Windows 10のバージョンとビルド番号をすばやく確認するには、検索ボックスにwinverと入力し、Enterキーを押すと、現在のOSバージョンに関する情報を示すダイアログボックスが表示されます。

改善と修正KB5010415(ビルド19044.1566、19043.1566、および19042.1566)プレビュー

主な変更点のリスト:

InternetExplorerのMicrosoftEdgeモードとMicrosoftEdgeの間でCookieを共有する機能が追加されました。

不揮発性メモリ(NVMe)名前空間のホットアドおよび削除のサポートが追加されました。

Windows Server 2016が特定の仮想デスクトップクラウドインフラストラクチャ(VDI)を使用してターミナルサーバーとして実行されている場合に発生する問題を修正しました。これにより、サーバーは一定時間実行された後、ランダムに応答を停止します。また、デッドロックを回避するためにrpcss.exeのCSharedLockが正しく設定されていることを事前にチェックするリグレッションを修正します。

近位演算子文字を使用してクエリを実行するときにWindowsSearchサービスに影響する問題を修正しました。

System Center Operations Manager(SCOM)データセンター監視システムで多くの誤検知を引き起こすwmipicmp.dllモジュールのメモリリークに対処しました。

登録ユーザー数が100を超えると、リモートデスクトップサービス(RDS)サーバーが不安定になり、Windows Server2019でRDSを使用して公開されたアプリケーションにアクセスできなくなる問題を修正しました。

誤ったメモリゼロ化が原因でドメインまたは組織単位(OU)を検索するとエラーメッセージが返される問題を修正しました。

グループポリシー管理コンソールを閉じた後に動作を停止し、システムがアプリケーションエラーイベントID1000と障害のあるGPOAdmin.dllモジュールで0xc0000005STATUS_ACCESS_VIOLATIONエラーをログに記録する問題を修正しました。

スタートアップの影響の値がタスクマネージャーに表示されない問題を修正しました。

間接レンダリングシナリオでのOpenGLおよびGPUオーバーライドに影響する問題を修正しました。
iexplore.exeをMicrosoftEdge Internet Explorerモードで実行すると、ShellWindows()がInternetExplorerオブジェクトを返さない問題を修正しました。

Microsoft Edge InternetExplorerモードのダイアログボックスに影響する問題を修正しました。

F1キーを押したときにMicrosoftEdge InternetExplorerモードが機能しなくなる問題を修正しました。

動的データ交換(DDE)オブジェクトが正しくクリーンアップされず、セッションが中断してセッションが応答しなくなる問題を修正しました。

50を超えるウィンドウのツリーを使用すると、デバイスが機能しなくなる可能性がある問題を修正しました。

整合性の低い一部のプロセスアプリケーションで印刷が正しく機能しない問題を修正しました。

エラーメッセージ「0x800700a0(ERROR_BAD_ARGUMENTS)」で証明書の登録が失敗する問題を修正しました。

Active Directoryフェデレーションサービス(ADFS)に参加しているコンピューターでは実行されないAzure Active Directory(AAD)とのみ統合するように作成されたアプリケーションに影響する問題に対処します。

Windows Hello for Business CloudTrustのサポートが追加されました。これは、Windows Hello for Businessハイブリッド展開の新しい展開モデルであり、Fast IDentity Online(FIDO)セキュリティキーのオンプレミスシングルサインオン(SSO)サポートと同じテクノロジと展開手順を使用します。 Cloud Trustは、Windows展開の公開鍵インフラストラクチャ(PKI)要件を排除し、Windows Hello forBusinessの展開プロセスを簡素化します。

仮想マシンがオフラインのときにBitLockerパーティションを拡張すると、BitLockerが仮想マシンのシステムファイルを破損する可能性がある問題を修正しました。

TPM情報を報告しようとすると、Get-TPM PowerShellコマンドが失敗し、エラー「0x80090011 Microsoft.Tpm.Commands.TpmWmiException、Microsoft.Tpm.Commands.GetTpmCommand」で終了する可能性がある問題を修正しました。

ドライバーがハイパーバイザー保護コード整合性(HVCI)によって保護されている場合に、ドライバーのアンロードと再ロードができない問題を修正しました。

クライアントのローカルドライブをターミナルサーバーセッションにマウントするためのリモートデスクトップアプリケーションの使用に影響する安定性の問題を修正しました。

ログイン時にリモートデスクトップセッションキーボードとリモートデスクトッププロトコル(RDP)クライアントの不一致が発生する問題を修正しました。

中国語の簡体字入力方式エディター(IME)が完全に使用できなくなることがある問題を修正しました。

スクリーンリーダーで戻るボタンが「戻るボタン」ではなく「ボタン」と表示される問題を修正しました。

サービスプリンシパル名(SPN)エイリアス(www / FOOなど)を書き込もうとしたときに、別のオブジェクトにHOST / FOOが既に存在する場合に発生する問題を修正しました。 RIGHT_DS_WRITE_PROPERTYが競合するオブジェクトのSPN属性にある場合、「アクセスが拒否されました」というエラーメッセージが表示されます。

管理者とコンテンツ所有者が期限切れのActiveDirectory Rights Managementサービス(AD RMS)コンテンツを開くことができない問題に対処します。

分散ファイルシステム(DFS)パスがネットワークドライブにマップされている場合、システムの再起動とログイン後にネットワークドライブ上のオフラインファイルが無効になる問題を修正しました。

vhdmp.sysが同じファイルに対して異なるファイル制御ブロック(FCB)オブジェクトポインターを受け取るため、VMライブマイグレーションが失敗する問題を修正しました。

ネットワークドライブを接続すると、認証ダイアログボックスが2回表示される問題を修正しました。

Redirected Disk Buffering Subsystem(RDBSS)およびmrxsmb.sysドライバーのメモリリークに対処しました。

ローカルTfsStoreからファイルを読み取ろうとしたときにWebDAVリダイレクタでデッドロックが発生し、システムが応答しなくなる問題を修正しました。

サーバーのHTTPリクエストキューが読み込みを示していない場合でも、クライアントでエラーコード0x80c80003「サーバーは現在ビジーです」の後にワークフォルダーの同期が回復しない問題を修正しました。

エラーページパスでコンテキスト関数が呼び出され、7Fエラーが発生する問題を修正しました。
以前の更新をインストールした場合、今回はロールアップパッケージの新しい変更のみが適用されます。

アップデートKB5010415をダウンロード

アップデートKB5010415(.1566)をMSUファイルとしてMicrosoft Updateカタログからダウンロードし、以下のリンクから手動でインストールできます。

MSUアップデートパッケージをインストールするには、それをダブルクリックするだけです。

インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。更新後、Windows 10のビルド番号は、Windows 10バージョン21H2の場合は19044.1566、Windows 10バージョン21H1の場合は19043.1566、Windows10バージョン20H2の場合は19042.1566に変更されます。


Links to download official updates are below:

x64 アップデートをダウンロード
x86 アップデートをダウンロード
ARM64 アップデートをダウンロード
Windows Server x64 アップデートをダウンロードする
Windows Server ARM64 アップデートをダウンロードする