Windows 10バージョン2004:予約済みストレージの管理の改善

Windows 10、バージョン21H2、21H1、20H2、および2004用のKB5006738アップデート

10月 27, 2021 Windows 10 20H1(2004)20H2 アッデト,Windows 10 21H1 Iron ッデート 21H2

Microsoftは、Windows 10、バージョン21H2、21H1、20H2、および2004用の「オプションの修正プログラム」アップデートKB5006738をリリースしました。新しいビルド19044.1320、19043.1320、19042.1320、および19041.1320をダウンロードしてインストールする方法。

更新:26.10。アップデートKB5006738(ビルド19043.1320、19042.1320、および19041.1320)プレビューは、「オプションのパッチ」としてWindows Updateにインストールし、MicrosoftUpdateカタログから手動でダウンロードできます。

更新:26.10。 Windows 10バージョン21H2の新しい更新プログラムKB5006738(ビルド19044.1320)は、リリースプレビューチャネルのWindowsInsiderプログラムのメンバーが利用できます。

更新:26.10。 Windows 10バージョン21H1用の新しいKB5006738(ビルド19043.1320)更新プログラムは、リリースプレビューチャネルのWindowsInsiderプログラムのメンバーが利用できます。

更新:20.10.2021。 Windows 10のアップデートKB5006738(ビルド19044.1319)、バージョン21H2は、リリースプレビューチャネルを介してWindowsInsiderプログラムのメンバーが利用できます。

更新:20.10.2021。 Windows 10のアップデートKB5006738(ビルド19043.1319)、バージョン21H1は、リリースプレビューチャネルを介してWindowsInsiderプログラムのメンバーが利用できます。

WindowsUpdate経由でのインストール

インサイダービルド

PC用の累積的な更新プログラムKB5006738は、リリースプレビューチャネルのWindows InsiderProgramメンバー用のWindowsUpdateから入手できます。インストールするには、[オプション]> [更新とセキュリティ]に移動し、[更新の確認]をクリックします。

インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。アップグレード後、Windows10のビルド番号はWindows10バージョン21H2の場合は19044.1320に、Windows10バージョン21H1の場合は19043.1320に変更されます。

安定したバージョン

PC用の累積的な更新プログラム5006738は、WindowsUpdateを介して手動でインストールされます。確認するには、[オプション]> [更新とセキュリティ]に移動し、[更新の確認]をクリックします。

[利用可能なオプションの修正プログラム]セクションで、[ダウンロードしてインストール]をクリックします。

インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。アップグレード後、Windows 10のビルド番号は、Windows 10の場合は19043.1320、バージョン21H1、Windows 10の場合は19042.1320、バージョン20H2、Windows10の場合は19041.1320、バージョン2004に変更されます。

助言。 Windows 10のバージョンとビルド番号をすばやく確認するには、検索バーにwinverと入力し、Enterキーを押すと、OSの現在のバージョンに関する情報を示すダイアログボックスが表示されます。]

改善と修正KB5006738(ビルド19044.1320、19043.1320、19042.1320、および19041.1320)プレビュー

主な変更点のリスト:

アプリ(OOBE)の外部で作業しているときに、事前プロビジョニングページにアクセスできなくなる問題を修正しました。この問題は、Azure Active Directoryのログイン資格情報ページが表示され、Windowsキーを5回押したときに発生します。

ブラウザ間での特定のデータの転送を容易にする機能を追加しました。

MicrosoftEdgeをキオスクアプリとして構成した割り当て済みアクセスキオスクの問題に対処しました。これらのキオスクは、ユーザーがブラウザウィンドウを閉じた場合、MicrosoftEdgeの再起動に失敗することがありました。

クレデンシャルページに入るときにApp-Vを断続的に使用すると黒い画面が表示される問題を修正しました。

一部のビデオアプリやビデオストリーミングサイトで字幕が表示されない問題を修正しました。

Windows 10仮想プライベートネットワーク(VPN)ユーザーがWindows Server 2019ルーティングとリモートアクセス(RRAS)サーバーに接続できない問題に対処しました。

VPN Generic Routing Encapsulation(GRE)帯域幅制限を構成するときに、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)仮想マシンが機能しなくなる問題に対処しました。

VPN接続がオフラインのときにVPNユーザーがWindowsHello for Businessに登録するときに発生するプライマリ更新トークン(PRT)の更新の問題を修正しました。ユーザーは、Azure Active Directory-条件付きアクセスでユーザーサインイン頻度(SIF)用に構成されたオンラインリソースに対して予期しない認証プロンプトを受け取ります。

更新サービスの更新後にWindowsがBitLocker回復モードに入る問題を修正しました。

Kerberos.dllがローカルセキュリティ機関サブシステムサービス(LSASS)で機能しなくなる可能性がある問題に対処しました。これは、LSASSが同じクライアントユーザーに対するユーザー間(U2U)サービス(S4U)の同時要求を処理している場合に発生します。

メモリリークにつながる可能性のあるコード整合性の問題を修正しました。

ランサムウェアや高度な攻撃を検出して傍受するMicrosoftDefender forEndpointの機能が拡張されました。

WindowsAutoPilotが失敗を初期化する原因となる可能性があるOOBEの問題を修正しました。

Shift-0キーの組み合わせを使用して、かな入力モードのユーザーが疑問符(?)を挿入できない問題を修正しました。

スライドショーを有効にすると、ロック画面が黒く表示されることがある問題を修正しました。

クレデンシャル画面でのネットワークステータステキストの表示に影響するLogonUI.exeの信頼性の問題に対処します。

バッファが大きい場合にサーバーメッセージブロック(SMB)クエリディレクトリクエリが失敗する問題に対処しました。

フォレストルートドメイン(Active Directoryオブジェクト階層)のドメインコントローラーで、各フォレストに複数のフォレストと複数のドメインがある場合のlsass.exeのメモリリークの問題を修正しました。 SID-名前マッピング関数は、リクエストが別のドメインから送信され、境界を越えるとメモリをリークします。

サイトの障害ドメインを無視する仮想マシン(VM)の負荷分散機能の問題を修正しました。

インターネット印刷プロトコル(IPP)を使用するプリンターの正常なインストールを妨げる可能性がある既知の問題を修正しました。

以前の更新をインストールした場合、今回はロールアップパッケージの新しい変更のみが適用されます。

アップデートKB5006738をダウンロード

KB5006738(.1320)更新プログラムをMSUファイルとしてMicrosoft Updateカタログからダウンロードし、以下のリンクから手動でインストールできます。

MSUサービスパックをインストールするには、それをダブルクリックするだけです。

インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。アップグレード後、Windows 10のビルド番号は、Windows 10の場合は19044.1320、バージョン21H2、Windows 10の場合は19043.1320、バージョン21H1、Windows 10の場合は19042.1320、バージョン20H2、Windows10の場合は19041.1320、バージョン2004に変更されます。


Links to download official updates are below:

x64 アップデートをダウンロード
x86 アップデートをダウンロード
ARM64 アップデートをダウンロード
Windows Server x64 アップデートをダウンロードする
Windows Server ARM64 アップデートをダウンロードする