マイクロソフトは5月にオプションのWindows 10アップデートを一時停止します

Windows 10、バージョン21H1、20H2、および2004用のKB5004237アップデート

7月 14, 2021 Windows 10 20H1(2004)20H2 アッデト,Windows 10 21H1 Iron ッデート 21H2

マイクロソフトは、火曜日のパッチの一部として、Windows 10(バージョン21H1)用の累積的な更新プログラムKB5004237(ビルド19043.1110)、Windows 10(バージョン20H2)用のKB5004237(ビルド19042.1110)、およびWindows 10(バージョン2004)用のKB5004237(ビルド19041.1110)をリリースしました。 。

新しいアセンブリをダウンロードしてインストールする方法は?

累積的な更新KB4601382(ビルド19043.1110)は、Windows 10バージョン21H1ベースのx86、x64(amd64)、ARM64、およびx64およびARM64プロセッサ用のWindows Server(21H1)ベースのシステムを対象としています。マイクロソフトは現在、機械学習を使用した段階的な展開で「Windows10バージョン21H1の機能更新」を展開しています。新しいバージョンにアップグレードするには、Windows10バージョン21H1の個別のダウンロードおよびインストールガイドを参照してください。

累積的な更新プログラムKB5004237(OSビルド19042.1110)は、x64およびARM64プロセッサに基づくシステムのx86、x64(amd64)、ARM64、およびWindows Server(20H2)プロセッサに基づくWindows 10バージョン20H2(2020年10月更新)を対象としています。

累積的な更新KB5004237(OSビルド19041.1110)は、x64およびARM64ベースのシステム用のx86、x64(amd64)、ARM64、およびWindows Server(2004)プロセッサに基づくWindows 10バージョン2004(2020年5月更新)を対象としています。

アップデートは火曜日のパッチの一部として利用できます。

WindowsUpdate経由でのインストール

PC用の累積的な更新プログラム5004237は、WindowsUpdateを介して自動的にインストールされます。確認するには、[設定]> [更新とセキュリティ]に移動し、[更新の確認]をクリックします。

インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。アップグレード後、Windows 10のビルド番号は、Windows 10(バージョン21H1)の場合は19043.1110、Windows 10(バージョン20H2)の場合は19042.1110、Windows 10(バージョン2004)の場合は19041.1110に変更されます。

改善と修正KB5004237(ビルド19043.1110、19042.1110、および19041.1110)

このアップデートには、品質のアップデートが含まれています。新しいシステム機能は提示されていません。主な変更点のリスト:

  • 資格情報を検証するための更新。
  • 基本的なWindows操作のセキュリティを向上させるための更新。
  • 一部のプリンター使用時の印刷の問題を修正しました。

完全な変更ログ:

特定のプリンターを使用すると印刷が困難になる問題を修正しました。この問題は、さまざまなモデルやブランドのプリンターに影響しますが、ほとんどの場合、USB経由で接続されているレシートプリンターとラベルプリンターに影響します。

PerformTicketSignatureのサポートを削除し、CVE-2020-17049の強制修正を恒久的に適用しました。ドメインコントローラーサーバーで完全な保護を有効にするための詳細と手順については、「CVE-2020-17049のKerberosS4U展開の変更の管理」を参照してください。

Advanced Encryption Standard(AES)の暗号化保護が追加されました。詳細はKB5004605で入手できます。

プライマリリフレッシュトークンの弱い暗号化に関連する脆弱性を修正しました。問題は、トークンの有効期限が切れるまで、またはトークンが更新されるまで、トークンを再利用できるようにすることでした。詳細については、CVE-2021-33779ページをご覧ください。

Windowsアプリケーション、Windows管理システム、Windowsの基礎、Windows認証、ユーザーアカウント制御、OSセキュリティ、Windows仮想化、Linux用Windowsサブシステム、Windowsカーネル、Microsoft Scripting Engine、WindowsHTMLおよびWindowsMSHTML、およびWindowsプラットフォームグラフィックスのセキュリティ更新。

パッチ2021年7月火曜日:マイクロソフトは、Pwn2Own ExchangeServerを含む117の脆弱性にパッチを適用しました。

以前の更新をインストールした場合、今回はロールアップパッケージの新しい変更のみが適用されます。

既知の問題点

Microsoft日本語入力方式エディター(IME)を使用して、ふりがな文字の入力を自動的に許可するアプリケーションで漢字を入力すると、正しいふりがな文字が取得されない場合があります。ふりがな文字を手動で入力する必要がある場合があります。

スタンドアロンメディアまたはカスタムISOを使用してインストールされたシステムでは、この更新プログラムによってMicrosoft Edge Legacyがアンインストールされる場合がありますが、Chromiumを備えた新しいMicrosoftEdgeに自動的に置き換えられることはありません。この問題は、2021年3月29日のサービススタックアップデート(SSU)以降のサービススタックアップデートを最初にインストールせずに、このアップデートをイメージに含めることによってカスタムオフラインメディアまたはISOイメージが作成された場合にのみ発生します。

Windows 10、バージョン21H1、20H2、および2004用のアップデートKB5004237をダウンロードする方法

Microsoft Updateカタログから更新プログラムをダウンロードし、以下のリンクから手動でインストールすることもできます。


Links to download official updates are below:

x64 アップデートをダウンロード
x86 アップデートをダウンロード
ARM64 アップデートをダウンロード