NVIDIA DirectX 12 Ultimate Developer Preview Driver for Windows 10が利用可能

NVIDIA DirectX 12 Ultimate Developer Preview Driver for Windows 10が利用可能

4月 18, 2020 Windows 10アッデート

NVIDIAは、開発者向けの最初のDirectX 12 UltimateドライバーであるWindows 10用のNVIDIA DirectX 12 Ultimate Developer Previewドライバー450.82をリリースします。

バージョン450.82には、認定を受けてDirectX 12 Ultimateロゴを取得するために必要なすべてのコンポーネントが付属しています。DirectXRaytracing 1.1ソフトウェア、可変レートシェーディング、メッシュシェーダー、サンプラーフィードバックテクノロジーのサポート。

すべてのNVIDIA GeForce RTX 20シリーズおよびQuadro RTX GPUは、DirectX 12 Ultimateの要件を満たしています。ドライバーのリリースノートには次のように書かれています。

このプリドライバーは、DirectX 12 Ultimateとのアプリケーションの互換性をテストする開発者を対象としています。このドライバーは、DXR Tier 1.1、サンプラーフィードバック、およびメッシュシェーダーをサポートしています。

NVIDIAによると、これらのドライバーは一般向けではありませんが、NVIDIA開発者プログラムの参加者によるテスト用に推奨されています。これらのドライバは自己責任で使用できます。会社は保証を提供しません。ドライバーはGeForceドライバーのページにリストされていません。NVIDIADeveloper Program Webサイトでドライバーをダウンロードしようとすると、認証が要求されます。一方、すべてのユーザーがこのプログラムに登録して、これらのプリドライバーをダウンロードできます。

DirectX 12 Ultimate Developer Preview Driverをダウンロード

ドライバーのバージョン管理は、一般に入手可能なNVIDIA R450リリースのドライバーにDirectX 12 Ultimateロゴが付いていることを前提としています。つまり、サポートされているGeForceおよびQuadroハードウェアで新しいグラフィックスAPIのすべての機能を提供します。