KB5012643(ビルド2200.652)の更新Windows11バージョン21H2のプレビュー

5月 4, 2022 Windows11の更新

Microsoftは、「オプションの修正」、更新KB5012643(ビルド2200.652)Windows11バージョン21H2のプレビューをリリースしました。新しいアセンブリをダウンロードしてインストールする方法。

更新日:2022年4月26日。アップデートKB5012643(ビルド2200.652)プレビューは、「オプションの修正」として、およびMicrosoftUpdateカタログから手動でダウンロードしてWindowsUpdateにインストールできます。

更新日:2022年4月14日。 Windows 11バージョン21H2用のアップデートKB5012643(ビルド2200.651)は、リリースプレビューチャネルでWindowsInsiderから入手できます。

アップデートロールアップKB5012643(Windows 11ビルド2200.652)は、x64(amd64)およびARM64プロセッサに基づくWindows 11バージョン21H2(初期リリース)用です。

Windows11ビルド2200.652の新機能

主な変更点のリスト:

改善と修正

新しい! Windowsのセキュアブート機能を提供するための改善が追加されました。

特定のMSIXアプリケーションをインストールした後、AppX Deployment Service(AppXSvc)が機能しなくなる問題を修正しました。

起動プロセスの開始時に発生し、停止エラーが発生する可能性がある競合状態を修正しました。

自己展開と事前プロビジョニングのシナリオをサポートする更新されたトラステッドプラットフォームモジュール(TPM)機能を処理するように、自動操縦クライアントを改善しました。

Azure Active Directory(Azure AD)に登録するためのタイムアウトを、AzureADに接続されたハイブリッドオートパイロットシナリオの60分から90分に変更しました。これにより、タイムアウトの期限が切れたときに例外をスローする競合状態も解消されます。

OSの起動が約40分遅れる問題を修正しました。

毎日24時間使用されるWindowsシステムに影響するメモリリークの問題を修正しました。

動的ホスト構成プロトコル(DHCP)オプション119(ドメインルックアップリスト)に影響を与え、接続固有のDNSサフィックスルックアップリストを使用できない問題に対処します。

MicrosoftEdgeIEモードのTitle属性に影響する問題を修正しました。

Azure ADに参加したサブスクリプション資格を使用してEnterpriseにアップグレードされたWindowsのEnterpriseエディションで、モバイルデバイス管理(MDM)ポリシーが許可されない問題を修正しました。

ビデオの字幕が部分的に途切れる問題を修正しました。

ビデオ字幕が正しく整列しない問題を修正しました。

Kerberos認証が機能せず、「0xc0030009(RPC_NT_NULL_REF_POINTER)」エラーが発生する問題を修正しました。これは、リモート資格情報ガードが有効になっているときに、クライアントマシンがリモートデスクトッププロトコル(RDP)を使用して別のマシンに接続しようとした場合に発生します。

更新サービスの更新後にWindowsがBitLocker回復モードに入る問題を修正しました。

TPMデバイスから承認キー(EK)証明書を取得できない問題を修正しました。

セキュリティグループポリシーの一部がマシンにコピーされない可能性がある問題を修正しました。

Microsoft Foundation Class(MFC)ダイアログボックス内でのMicrosoft RDPClientControlバージョン11以降のインスタンス化を妨げる問題を修正しました。
タスクバーの天気アイコンの上に温度が表示されます。

最大化されたアプリケーションウィンドウで最小化、最大化、および閉じるボタンを使用できない問題を修正しました。この問題は、アクションセンターが入力フォーカスを保持しているために発生します。

Netdom.exeまたはActiveDirectoryドメインと信頼関係スナップインを使用して名前の接尾辞のルーティングを一覧表示または変更するときに発生する可能性がある問題を修正しました。これらの手順は失敗する可能性があります。エラーメッセージは次のとおりです。「要求されたサービスを完了するにはシステムリソースが不足しています。」この問題は、2022年1月のセキュリティ更新プログラムをプライマリドメインコントローラー(PDCe)エミュレーターにインストールした後に発生します。

ルートドメインのプライマリドメインコントローラー(PDC)がsyslogで警告およびエラーイベントを生成する原因となる問題に対処します。この問題は、PDCがアウトバウンドのみの信頼を誤ってスキャンしようとした場合に発生します。

ネットワークドライブをサーバーメッセージブロックバージョン1(SMBv1)共有にマッピングするときに発生した問題を修正しました。 OSを再起動すると、このネットワークドライブにアクセスできなくなります。

SMBマルチリンクに影響し、エラー13AまたはC2を引き起こす可能性がある問題を修正しました。

クライアント側のキャッシュ(CSC)クリーンアップメソッドが生成されたリソースを削除しない場合にプールが破損する問題を修正しました。

リストされていないプールが大きくなり、すべてのメモリを使い果たすと、サーバーがロックする可能性がある問題を修正しました。再起動後、破損を修正しようとすると、同じ問題が再び発生します。

多くのスレッドが同じファイルをめぐって競合している1秒あたりの入出力操作数が多い(IOPS)シナリオでのリソース競合のオーバーヘッドが削減されます。

既知の問題点

2022年1月11日以降のバージョンのWindowsでリリースされたWindowsUpdateをインストールした後、バックアップと復元のコントロールパネルアプリ(Windows 7)を使用して作成されたリカバリディスク(CDまたはDVD)は、影響を受けるバージョンのWindowsで起動しない場合があります。サードパーティのバックアップまたは復元アプリケーションは、この問題の影響を受けません。

WindowsUpdateによるインストール

インサイダービルド

[設定]>[WindowsUpdate]に移動し、[更新の確認]をクリックします。インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。

インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。更新後、Windows11のビルド番号は2200.652に変更されます。

安定したバージョン

PC用の累積的な更新プログラム5012643は、WindowsUpdateを介して手動でインストールされます。確認するには、[設定]> [Windows Update]に移動し、[更新の確認]をクリックします。

x64ベースのシステム202204(KB5012643)用のWindows11の累積的な更新プログラムが利用可能になったら、[ダウンロードしてインストール]をクリックします。

インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。更新後、Windows11のビルド番号は2200.652に変更されます。

アップデートKB5012643をダウンロード

Windows 11バージョン21H2をビルド2200.652に更新するには、Microsoft UpdateカタログからKB5012643(.MSU)更新プログラムをダウンロードし、以下のリンクから手動でインストールすることもできます。

MSUアップデートパッケージをインストールするには、それをダブルクリックするだけです。

ダウンロードオプションを選択してください

Windows11x64の更新

Windows 11 x64(264 MB)用のKB5012643(ビルド2200.651)を更新します[.MSU]

Windows 11 ARM64(335 MB)用のKB5012643(ビルド2200.652)を更新します[.MSU]