KB5010414(ビルド2200.526)の更新Windows11バージョン21H2のプレビュー

2月 11, 2022 Windows11の更新

Microsoftは、「オプションの修正」、更新KB5010414(ビルド2200.526)Windows11バージョン21H2のプレビューをリリースしました。新しいアセンブリをダウンロードしてインストールする方法。

更新日:2022年2月10日。 Windows 11バージョン21H2用のアップデートKB5010414(ビルド22000.346)は、ベータおよびリリースプレビューチャネルのWindows InsiderProgramのメンバーが利用できます。

アップデートロールアップKB5010414(Windows 11ビルド2200.526)は、x64(amd64)およびARM64プロセッサに基づくWindows 11バージョン21H2(初期リリース)用です。

Windows11ビルド2200.526の新機能

改善と修正

Windows Server 2016が特定の仮想デスクトップクラウドインフラストラクチャ(VDI)を使用してターミナルサーバーとして実行されている場合に発生する問題を修正しました。これにより、サーバーは一定時間実行された後、ランダムに応答を停止します。また、デッドロックを回避するためにrpcss.exeのCSharedLockが正しく設定されていることを事前にチェックするリグレッションを修正します。

管理者以外のユーザーに対して、[設定]のタイムゾーンのリストが空で表示される問題を修正しました。

近位演算子文字を使用してクエリを実行するときにWindowsSearchサービスに影響する問題を修正しました。

スタートアップの影響の値がタスクマネージャーに表示されない問題を修正しました。

iexplore.exeをMicrosoftEdge Internet Explorerモードで実行すると、ShellWindows()がInternetExplorerオブジェクトを返さない問題を修正しました。

InternetExplorerのMicrosoftEdgeモードとMicrosoftEdgeの間でCookieを共有する機能が追加されました。

Microsoft Edge InternetExplorerモードのダイアログボックスに影響する問題を修正しました。

F1キーを押したときにMicrosoftEdge InternetExplorerモードが機能しなくなる問題を修正しました。

Dynamic Data Exchange(DDE)オブジェクトが正しくクリーンアップされず、セッションが中断してセッションが応答しなくなる問題を修正しました。

整合性の低い一部のプロセスアプリケーションで印刷が正しく機能しない問題を修正しました。

Windows Hello for Business CloudTrustのサポートが追加されました。これは、Windows Hello for Businessハイブリッド展開の新しい展開モデルであり、Fast IDentity Online(FIDO)セキュリティキーのオンプレミスシングルサインオン(SSO)サポートと同じテクノロジと展開手順を使用します。 Cloud Trustは、Windows展開の公開鍵インフラストラクチャ(PKI)要件を削除し、Windows Hello forBusinessの展開プロセスを簡素化します。

ドライバーがハイパーバイザー保護コード整合性(HVCI)によって保護されている場合に、ドライバーのアンロードと再ロードができない問題を修正しました。

Silent BitLockerの有効化ポリシーに影響し、Trusted Platform Module(TPM)保護を誤って追加する可能性がある問題に対処します。

クライアントのローカルドライブをターミナルサーバーセッションにマウントするためのリモートデスクトップアプリケーションの使用に影響する安定性の問題を修正しました。

右から左(RTL)の言語テキストがファイルエクスプローラーのコマンドメニューとコンテキストメニューで左揃えで表示される問題を修正しました。

Windows Management Instrumentation(WMI)ブリッジを使用してLanguagePackManagement構成サービスプロバイダー(CSP)に接続できない問題を修正しました。

デバイスに適切なMicrosoftOfficeライセンスがなく、ファイルがMicrosoftOneDriveまたはMicrosoftSharePointに保存されている場合、[スタート]メニューの推奨セクションにあるMicrosoftOfficeファイルがブラウザーで開きます。ライセンスがある場合、ファイルはデスクトップアプリケーションで開きます。
ログイン時にリモートデスクトップセッションキーボードとリモートデスクトッププロトコル(RDP)クライアントの不一致が発生する問題を修正しました。

他のモニターがデバイスに接続されているときに、それらのモニターのタスクバーに時計と日付を追加しました。

タスクバーが中央揃えの場合に、タスクバーの左側に天気情報を追加しました。天気にカーソルを合わせると、画面の左側にウィジェットパネルが表示され、この領域からカーソルを離すとウィジェットパネルが消えます。

Microsoft Teamsの呼び出しで、開いているアプリケーションウィンドウをタスクバーから直接すばやく共有する機能が追加されました。
バッテリー、音量、Wi-Fiなどの他のアイコンにカーソルを合わせた後、タスクバーの空の領域に誤ったツールチップが表示される問題を修正しました。

サービスプリンシパル名(SPN)エイリアス(www / FOOなど)を書き込もうとしたときに、別のオブジェクトにHOST / FOOが既に存在する場合に発生する問題を修正しました。 RIGHT_DS_WRITE_PROPERTYが競合するオブジェクトのSPN属性にある場合、「アクセスが拒否されました」というエラーメッセージが表示されます。

分散ファイルシステム(DFS)パスがネットワークドライブにマップされている場合、システムの再起動とログイン後にネットワークドライブ上のオフラインファイルが無効になる問題を修正しました。

ネットワークドライブを接続すると、認証ダイアログが2回表示される問題を修正しました。

不揮発性メモリ(NVMe)名前空間のホットアドおよび削除のサポートが追加されました。

タスクバーからMicrosoftTeamsの呼び出しを即座にミュートおよびミュート解除する機能が追加されました。通話中、アクティブなマイクアイコンがタスクバーに表示されるため、MicrosoftTeamsの通話ウィンドウに戻らずにサウンドを簡単にミュートできます。

改善、変更、および既知のバグの完全なリストは、MicrosoftWebサイトの公式発表で入手できます。

WindowsUpdateによるインストール

インサイダービルド

[設定]> [Windows Update]に移動し、[更新の確認]をクリックします。インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。

インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。更新後、Windows11のビルド番号は2200.526に変更されます。

KB5010414を手動でインストールするにはどうすればよいですか?

累積的な更新を手動でインストールするには:

  • アップデートインストーラーを使用してアーカイブW10UI_10.16.zipをダウンロードし、解凍します。
  • 選択したプラットフォームの3つの更新ファイル(SSU更新2200.469 [CABファイル]、更新KB5010414 [CABおよびPSFファイル])をすべてW10UI_10.16フォルダーに配置します。
  • 管理者としてW10UI.cmdを実行し、0を押してインストールを開始します。
  • インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります(インストールの最後に9を押します)。

アップデートKB5010414をダウンロード

Windows 11バージョン21H2を更新して2200.526をビルドするには、SSU 22000.469およびKB5010414をダウンロードして、以下のリンクから手動でインストールすることもできます。

ダウンロードオプションを選択してください

Windows 11×64の更新

Windows 11 x64(14.3 MB)用のSSU2200.469を更新します[.CAB]

Windows 11 x64(52.8 MB)用のKB5010414(ビルド2200.526)を更新します[.CAB]

Windows 11 x64(159.3 MB)用のKB5010414(ビルド2200.526)を更新します[.PSF]

Windows 11ARM64の更新

Windows 11ARM64用のSSU2200.469(14.8 MB)を更新します[.CAB]

Windows 11 ARM64(53.8 MB)用のKB5010414(ビルド2200.526)を更新します[.CAB]

Windows 11 ARM64(214 MB)用のKB5010414(ビルド2200.526)を更新します[.PSF]