MicrosoftはWindows 10バージョン2004のリカバリパーティションの問題を修正しました

KB5001396 Windows10バージョン1909のプレビュー更新

4月 24, 2021 Windows 10 19H2(1909)アッデート

Microsoftは、Windows 10(バージョン1909)用の「オプションの」累積的な更新プログラムKB5001396(ビルド18363.1533)をリリースしました。アップデートの暫定版をダウンロードしてインストールする方法。

新着情報?

KB5001396(OSビルド18363.1533)は、x64およびARM64ベースのシステム用のx86、x64(amd64)、ARM64、およびWindows Server 2019(1909)に基づくWindows 10バージョン1909(2019年11月の更新)のプレビューです。

WindowsUpdate経由でのインストール

PC用の累積的な更新プログラム5001396は、WindowsUpdateを介して手動でインストールされます。確認するには、[設定]> [更新とセキュリティ]に移動します。

[利用可能なオプションの更新]セクションで、[ダウンロードしてインストール]をクリックします。

インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。アップグレード後、Windows10のビルド番号は18363.1533に変更されます。

改善と修正KB5001396(ビルド18363.1533)プレビュー

このアップデートには、品質のアップデートが含まれています。新しいシステム機能は提示されていません。主な変更点のリスト:

新しいニュースと興味の機能は、ニュースレポートと最新の天気情報を表示できるウィジェットをタスクバーに追加します。

スタートメニューに「ms-resource:AppName」や「ms-resource:appDisplayName」などの名前の空のタイルが表示される問題を修正しました。

複合現実ヘルメットがスリープモードに入る前の遅延期間を調整する機能が追加されました。新しい設定は、[設定]> [複合現実]アプリで利用できます。

MicrosoftOneDriveと同期するディレクトリからファイルまたはフォルダーを削除するときに停止エラーが発生する問題を修正しました。

完全な変更ログ:

サイトがMicrosoftEdgeでIEモードを終了できない問題を修正しました。

「移動プロファイルのキャッシュされたコピーの削除」グループポリシーを使用すると、ログオフ時に必要なプロファイルを完全に削除できない問題を修正しました。

スタートメニューに「ms-resource:AppName」や「ms-resource:appDisplayName」などの名前の空のタイルが表示される問題を修正しました。これらの空白のタイルはインストールされたアプリケーションを表し、新しいバージョンのWindows 10にアップグレードしてから約15分間表示されます。KB5001396をインストールすると、空白のタイルが[スタート]メニューに表示されなくなります。

ネイティブウィンドウを削除するときに発生するウィンドウアクティベーションの問題を修正しました。

[ファイル]> [32ビットアプリケーションで開く]を選択した後の検索の問題を修正しました。検索ボックスをクリックすると、アプリケーションは動作を停止します。

Windowsエコシステムの互換性ステータスを評価して、すべてのWindowsUpdateのアプリケーションとデバイスの互換性を確認する際の問題に対処します。

Windows Defender ApplicationControlポリシーの.NETアプリケーションのカーネルモードルールに関する問題に対処しました。この問題により、ポリシーが過剰に生成されました。

デバイスがDeviceHealth Assurance(DHA)を通過できなかった問題を修正しました。

システムの応答性が完全に失われるまで、lsass.exeプロセスによるメモリ消費の増加の問題が修正されました。この問題は、トランスポート層セキュリティ(TLS)がセッションを再開するときに観察されました。

タスクスケジューラとワークステーションサービス間の競合状態の問題を修正しました。その結果、ユーザーはAzure Active Directory(AAD)ハイブリッドドメインに自動的に参加できず、エラー0x80070490が発生します。

Windows10をSモードで実行しているシステムでSystemGuard Safe Startを有効にすると、Sモードが無効になる問題を修正しました。

Azure Active Directory(AAD)の作業アカウントがMicrosoftTeamsやMicrosoftOfficeなどの一部のアプリケーションから予期せず表示されなくなる問題を修正しました。

「ドメインに参加したコンピューターをデバイスとして登録する」グループポリシーがDISABLEDに設定されている場合に、誤ってハイブリッドAAD参加をトリガーする問題に対処しました。

dsregcmd.exeプロセスを終了させる部分的なサービス接続ポイント(SCP)構成の問題に対処しました。この問題は、シングルサインオン(SSO)を使用してハイブリッドAzure ActiveDirectoryドメインに参加する際の大文字と小文字を区別するドメイン名の比較が原因で発生しました。

複合現実ヘルメットがスリープモードに入る前の遅延期間を調整する機能が追加されました。新しい設定はで利用可能です
[設定]> [複合現実アプリ]。

Dockerコンテナーがプロセス分離で実行されているときに停止エラーを引き起こす可能性がある問題を修正しました。

自動登録に失敗し、「パラメータが正しくありません」というエラーで証明書を取得できなかった理由が解消されました。

MicrosoftOneDriveに同期されているディレクトリからファイルまたはフォルダーを削除するときに停止エラーが発生する問題を修正しました。

NTFSファイルシステムのデッドロックを修正しました。

改善されたWindowsServerストレージ移行サービス:
NetAppFASアレイからWindowsサーバーおよびクラスターへの移行のサポートが追加されました。

多くの問題が修正され、信頼性が向上しました。

以前の更新をインストールした場合、今回はロールアップパッケージの新しい変更のみが適用されます。

既知のバグ:

デバイスをWindows10バージョン1809以降のバージョンのWindows10からアップグレードすると、システム証明書とユーザー証明書が失われる可能性があります。この問題は、2020年10月13日の累積的な更新プログラム以降の更新プログラムがないメディアまたはソースからWindows 10の新しいバージョンにアップグレードするときに、2020年9月16日の累積的な更新プログラムがインストールされているデバイスに影響します。

Windows10バージョン1909用の累積的な更新プログラムKB5001396をダウンロードする

また、Microsoft UpdateカタログからKB5001396更新プログラムをダウンロードし、以下のリンクから手動でインストールすることもできます。


Links to download official updates are below:

x64 アップデートをダウンロード
x86 アップデートをダウンロード
ARM64 アップデートをダウンロード
Windows Server 2019x64 アップデートをダウンロードする Windows Server 2019 ARM64 アップデートをダウンロードする