Windows 10バージョン1809の更新KB4558998(ビルド17763.1339)

KB5000842は、Windows 10バージョン21H1、20H2、および2004を更新します

3月 30, 2021 Windows 10 20H1(2004)20H2 アッデト,Windows 10 21H1 Iron ッデート

Microsoftは、Windows 10(バージョン21H1)用の「オプションの修正プログラム」アップデートKB5000842(ビルド19043.906)、Windows 10(バージョン20H2)用のKB5000842(ビルド19042.906)、およびWindows 10(バージョン2004)用のKB5000842(ビルド19041.906)をリリースしました。新しいアセンブリをダウンロードしてインストールする方法。

どこから始めますか?

更新日:2021年3月30日。 KB5000842アップデート(ビルド19041.906および19042.906)プレビューは、「オプションのパッチ」としてWindows Updateにインストールし、MicrosoftUpdateカタログから手動でダウンロードできます。

更新日:2021年3月26日。 21H1ビルド19043.906(KB5000842)をインストールしようとすると、ベータチャネルの一部のインサイダーでエラー0x800f081fが発生する場合があります。 Microsoftはこの問題を認識しており、Windows10バージョン21H1の新しい累積的な更新プログラムで修正する予定です。

更新日:2021年3月25日。アップデートKB5000842(ビルド19042 / 19043.906)は、リリースプレビュー(バージョン20H2)およびベータ(バージョン21H1)チャネルのWindows InsiderProgramメンバー向けのWindowsUpdateから入手できます。アップデートの新しいバージョンには、次の追加の修正が含まれています。

2021年3月9日からKB5000802アップデートをインストールした後、ドキュメントのグラフィックコンテンツが印刷されない問題を修正しました。
更新日:2021年3月16日。アップデートKB5000842(ビルド19043.899)は、ベータチャネルのWindowsInsiderメンバー向けのWindowsUpdateから入手できます。詳細:Windows 10バージョン21H1の機能更新は、ベータ更新チャネルで入手できます。

累積的な更新KB5000842(ビルド19043.906)は、Windows 10バージョン21H1ベースのx86、x64(amd64)、ARM64、およびx64およびARM64プロセッサ用のWindows Server(21H1)ベースのシステムを対象としています。

累積的な更新KB5000842(ビルド19042.906)は、x64およびARM64ベースのシステム用のx86、x64(amd64)、ARM64、およびWindows Server(20H2)プロセッサに基づくWindows 10バージョン20H2(2020年10月更新)を対象としています。

累積的な更新KB5000842(ビルド19041.906)は、x64およびARM64ベースのシステム用のx86、x64(amd64)、ARM64、およびWindows Server(2004)プロセッサに基づくWindows 10バージョン2004(2020年5月更新)を対象としています。

WindowsUpdate経由でのインストール

Insiderビルド

PC用の累積的な更新プログラム5000842は、リリースプレビュー(バージョン20H2)およびベータ版(バージョン21H1)チャネルのWindows InsiderProgramメンバー用のWindowsUpdateを介して自動的にインストールされます。確認するには、[オプション]> [更新とセキュリティ]に移動し、[更新の確認]をクリックします。

安定したバージョン

PC用の累積的な更新プログラム5000842は、WindowsUpdateを介して手動でインストールされます。確認するには、[オプション]> [更新とセキュリティ]に移動し、[更新の確認]をクリックします。

[利用可能なオプションの修正プログラム]セクションで、[ダウンロードしてインストール]をクリックします。

インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要があります。アップグレード後、Windows 10のビルド番号は、Windows 10の場合は19043.906、バージョン21H1、Windows 10の場合は19042.906、バージョン20H2、Windows10の場合は19041.906に変更されます。

改善と修正KB5000842(ビルド19043.906、19042.906、19041.906)プレビュー

この更新には、品質の更新が含まれます。新しいシステム機能は提示されていません。主な変更点のリスト:

複数の高解像度モニターを備えたデバイスでMicrosoftEdgeのInternetExplorerモードを使用するときに発生するスケーリングの問題に対処します。
管理者は、グループポリシーを使用して、MicrosoftEdgeのInternetExplorerモードでのCtrl + Sなどの拡張キーボードショートカットを有効にできるようになりました。

アイコンファイルのURLにスペースが含まれていると、アクションセンターにトーストコレクションアイコンが表示されない問題を修正しました。

ハイダイナミックレンジ(HDR)画面の調光に関する問題を修正しました。

複数のモニターを使用している場合のダビングモードでのビデオ再生の非同期化の問題を修正しました。

互換モードでMicrosoft日本語入力方式エディター(IME)を使用して日本語文字を入力すると、アプリケーションがクラッシュする問題を修正しました。

ハイブリッドシャットダウン中のデバイスのフリーズに関する問題を修正しました。

ユーザーがタッチパッドを構成または無効にできない管理設定の問題を修正しました。

FlipExとマルチプレーンオーバーレイ(MPO)を使用すると、ウィンドウのコンテンツが頻繁にちらつくウィンドウレンダリングの問題が修正されました。

MicrosoftEdgeのフィールド間でフォーカスを移動した後の日本語入力の問題を修正しました。

何も表示されないか、「フィルタリングの処理中」という碑文が表示された場合に、エクスプローラーで検索結果をフィルタリングする際の問題を修正しました。

デバイスをポートレートモードに回転させるときに、タッチキーボードで分割レイアウトを使用できない問題に対処しました。

家族安全プランの子アカウントに管理者権限がある場合は、ユーザーに通知されます。

タッチスクリーンデバイスの[閉じる]ボタンを使用してポップアップ通知を閉じることができない問題を修正しました。

explorer.exeプロセスが大量のメモリを消費する原因となる可能性があるヒープリークに対処しました。
ヴォルゴグラードとヴォルゴグラード地域のタイムゾーンをUTC + 4からUTC + 3に更新しました。

南スーダン共和国のUTC + 2:00タイムゾーンを追加しました。
秘密鍵のアクセス許可を確認せずに最初に一致する証明書を返すWindowsイベント転送(WEF)クライアントの問題に対処しました。今回の更新により、WEFクライアントは、ネットワークサービスに秘密鍵の読み取り権限がある場合にのみクライアント証明書を選択します。

システムで文字起こしが有効になっていると、PowerShellベースのモニターが機能しなくなる問題を修正しました。

クラウドソリューションプロバイダー(CSP)ライセンスでWindowsをアクティブ化するとBranchCacheがクラッシュする問題を修正しました。
Microsoft Intuneなどのモバイルデバイス管理(MDM)サービスを使用してWindows 10HomeをWindows10 ProEducationにアップグレードする際の問題に対処しました。

エラー0xc0000225でApp-Vアプリを開くためのクラッシュを修正しました。

製造元名に予約文字が含まれているMDM登録済みデバイスの同期に失敗する原因に対処しました。

ログオンイベントとログオフイベントを監査するカスタムオプションを構成するときに、構成サービスプロバイダー(CSP)ポリシーを使用する際の問題に対処しました。問題は、カスタム設定が適用されていないことでした。

メッセージTpmTasks.dll!TrackTPMStateChangesがc0000005であるトラステッドプラットフォームモジュール(TPM)なしのシステムクラッシュを修正しました。

AppLockerが有効で、システムがインターネットから切断されている場合にexeの複数のインスタンスを起動する問題を修正しました。

Windows Hello forBusinessが有効になっている場合の資格情報のローミングに関する問題に対処しました。

パフォーマンス監視ツールがシングルインスタンスカウンターオブジェクトのログデータを表示しない問題に対処しました。

Chromiumに基づくMicrosoftEdgeのクラッシュに対処しました。この問題は、MicrosoftEdgeがMicrosoftApp-Vで使用され、仮想環境でフォントが有効になっている場合に発生しました。

ハイブリッドAzureActive Directoryに参加しているコンピューターに黒い画面が表示されたり、ログオンが遅れたりする可能性がある問題を修正しました。さらに、login.microsoftonline.comへのアクセスがありませんでした。

0xC9停止エラーによるシステムクラッシュを修正しました。
7.1チャンネルオーディオテクノロジーの問題を修正しました。

RemoteAppアプリケーションの使用時にCapsLockが予期せずオンになる問題を修正しました。

Windowsは、更新されたプリンター機能を受信できるようになり、ユーザーは正しい印刷オプションのセットから選択できるようになりました。

一部のプリンタでの長辺先送り印刷ジョブのミシン目とステープルの位置のサポートが更新されました。

MSXLM6を使用してXSLT変換を実行する際のメモリ使用量が多い問題を修正しました。

Explorerやその他のアプリケーションの応答性が数分間失われる問題を修正しました。この問題は、クライアントが企業ネットワークに再接続し、マップされたドライブを使用して企業ネットワーク上のファイル共有にアクセスしようとした後に発生します。

LanmanServerサービスを再起動した後、SMB1クライアントがSMB共有にアクセスできなかった問題を修正しました。

クラスターネットワークインターフェイスが短時間機能しなくなる可能性がある問題を修正しました。その結果、ネットワークインターフェイスコントローラー(NIC)は不良としてマークされました。ネットワークが再び稼働しているとき、NICは不良状態のままである可​​能性があります。

別の信頼できるドメインにあるデバイスのデフォルトのユーザープロファイルを使用して、現在のドメインにあるデバイスにログインする際の問題を修正しました。現在のドメインプロファイルサービスは、信頼されたドメインからデフォルトのユーザープロファイルを取得できず、代わりにローカルのデフォルトのユーザープロファイルを使用します。

OneDriveに同期されているフォルダーとファイルを削除するときのデバイスのクラッシュを修正しました。

KB4598291をインストールした後、OA3.0キーを使用してWindows10バージョン2004をアクティブ化する際の問題を修正しました。

Windowsエコシステムの互換性ステータスを評価して、すべてのWindowsUpdateのアプリケーションとデバイスの互換性を確認する際の問題に対処します。

サポートされなくなったクラシックバージョンのMicrosoftEdge(Microsoft EdgeLegacyまたはProjectSpartanとも呼ばれます)を削除し、Chromiumに新しいMicrosoftEdgeをインストールしました。詳細:4月の「パッチ火曜日」に新しいMicrosoftEdgeがWindows10のClassicEdgeに置き換わる

ユーザーがリモートデスクトッププロトコル(RDP)を使用してデスクトップモードのWindows Server2019デバイスに接続できない問題に対処しました。

エンタープライズパートナーがMicrosoftサポートと協力してカスタム保護を作成できるようにする問題に対処しました。

APC_INDEX_MISMATCHエラーで特定のプリンターに接続されたデバイス上の一部のアプリケーションで印刷しようとすると、ブルースクリーンでBSODがクラッシュする問題を修正しました。

2021年3月9日からKB5000802アップデートをインストールした後、ドキュメントのグラフィックコンテンツが印刷されない問題を修正しました。

Azure FrontDoorでのHTTPキープアライブ接続の問題に対処しました。接続を開いたままにするための前の要求と応答を完了した後、Azure FrontDoorは接続の再利用を試みます。アイドルタイムアウト後、伝送制御プロトコル(TCP)接続を閉じる競合状態が発生する可能性があります。これにより、サーバーの応答が正しくないためにクライアントで障害が発生する可能性があります。

リモートデスクトップセッションの予期しない終了に関する問題を修正しました。

以前の更新をインストールした場合、今回はロールアップパッケージの新しい変更のみが適用されます。

既知のバグ:

デバイスをWindows10バージョン1809以降のバージョンのWindows10からアップグレードすると、システム証明書とユーザー証明書が失われる可能性があります。この問題は、2020年10月13日の累積的な更新プログラム以降の更新プログラムを含まないメディアまたはソースからWindows 10の新しいバージョンにアップグレードするときに、2020年9月16日の累積的な更新プログラムがインストールされているデバイスに影響します。問題についての詳細。

Microsoft日本語入力方式エディター(IME)を使用して、ふりがな文字の入力を自動的に許可するアプリケーションで漢字を入力すると、正しいふりがな文字が取得されない場合があります。ふりがな文字を手動で入力する必要がある場合があります。

作成したカスタムオフラインメディアまたはISOを使用してWindows10がインストールされているデバイスでは、Microsoft EdgeLegacyを新しいMicrosoftEdgeに置き換えることなくアンインストールできます。この問題は、2021年3月29日以降にリリースされたOffline Servicing Stack Update(SSU)を最初にインストールせずに、イメージにKB5000842を埋め込んでカスタムオフラインメディアまたはISOを作成した場合にのみ発生します。

Windows 10、バージョン21H1、20H2、および2004用の累積的な更新プログラムKB5000842をダウンロードします。

アップデートKB5000842(19041/19042 / 19043.906)をMSUファイルとしてMicrosoft Updateカタログからダウンロードし、以下のリンクから手動でインストールできます。


Links to download official updates are below:

x64 アップデートをダウンロード
x86 アップデートをダウンロード
ARM64 アップデートをダウンロード
Windows Server 2019x64 アップデートをダウンロードする Windows Server 2019 ARM64 アップデートをダウンロードする