Windows 10 21H1 Iron:テストの開始時期と期待される機能

マイクロソフトは、新しいクラウドサービスモデルを一般提供します

4月 6, 2021 マイロソフニュース

1月、マイクロソフトはパブリックプレビューの形でクラウドサービス(拡張サポート)をリリースしました。新しいAzureResource Manager(ARM)ベースの展開は、Azure Service Manager(ASM)ベースのクラウドサービスの代わりとして登場しました。これは、それ以降、クラウドサービス(クラシック)と呼ばれています。

新着情報?

本日、クラウドサービス(拡張サポート)が一般提供されることが発表されました。これに加えて、ユーザーがクラウドサービスをこの新しいモデルに移行するのに役立つプラットフォーム対応ツールもプレビューで紹介されています。

新しいバリアントでは、導入された主要な変更には、証明書管理に使用されるAzure Key Vault、仮想ネットワーク内に存在する間に必ずデプロイされるリソースなどが含まれます。アップグレードの進行、ロールバック、および同様の機能の実行方法に関する基本的なプロセスの更新は、以前のバリアントと同じままです。 Azure GuestOSのリリースも、クラウドサービス(クラシック)と連携する予定です。同様に、デザインやアーキテクチャを変更することなく、同じ2つのタイプのロール(Webとワーカー)を使用できます。

画像の左半分が黒、右半分が青の青いMicrosoftAzureロゴ

1月のプレビューのリリースにより、新しいARMベースのモデルの地域の復元機能が特に強調され、ASMベースのクラウドサービスでは機能の同等性が観察されました。ロールベースのアクセスと制御(RBAC)、タグ、ポリシー、プライベートリンクのサポート、展開テンプレートのサポートなどのARM機能も提供されます。

ASMからARMへの2つの移行パスが利用可能です。再展開とインプレース移行です。前者は、新しいクラウドサービスをARMに直接デプロイし、検証が実行されると、ASMの古いクラウドサービスを削除します。一方、後者は、現在プレビュー中の移行ツールを利用します。移行は、仮想ネットワークの移行を通じて呼び出すことができます。これにより、お客様が構成した明示的な仮想ネットワーク内にある以前のすべての展開が移行されます。もう1つの可能なルートは、クラウドサービスの展開の移行です。この移行では、仮想ネットワーク内にない展開のみが対象となります。

価格設定に関しては、構造はクラシックバリアントの構造と類似しており、ここで確認できます。クラウドサービス(拡張サポート)の詳細に関心のある方は、詳細なドキュメントをここで入手できます。また、インプレース移行の概要も入手できます。